2014年12月01日

NCハマー

最近、検索キーワードでops-core maritime関連のワードが割と多いのですが、
今月のキーワードに僕の視線を一瞬にして釘付けにしたワードが有りました。

“fast marotime”


麻呂タイム。


ごめんねー、maritimeの記事も無いんだけど、marotimeの記事はもっと無いww
しかしまぁ、スペルミスでも引っ掛かるもんなんすねー。


ダメだわー。
もう丸い眉毛した面しか出てこないわー。



さて。

今年の初夏頃に32Lのパンツを入手し損ねて打ちひしがれておりました。
(I) can't touch thatなんつってね、やかましーわ。


それから暫くして、先に上の方が出てきちゃったので、
どーするか迷いつつも入手してしまいました。

ってこれ、随分前の話になっちゃいますけどね。





CRYE PRECISION Combat shirts gen2 NC (Navy Custom) AOR1 block2です。

CRYE PRECISIONのAORアパレルはblock1とblock2が有り、
AOR1のcombat shirtsではトルソーとAOR1の配色が異なります。

DEVGRUではAOR初期から支給されている為、block1の露出が多く、
破れても補修されたシャツやパンツが数多く放出されていますが、
それでも寿命も有る訳で、block2らしき画像も数多く見られます。


block1使用例


block2使用例


今回はNavy CustomとGen2 Army Custom (AC) Multicamの違いを
比較しながら細かく見ていきたいと思います。(ありがちな記事だけどねっ。)




今回入手したのはMRです。
手元に有るACはMLなので完璧な比較はできませんが、
殆どの部分は比較できると思います。




NCとACを比較すると、まず襟の高さの違いが目につきます。
ACに対してNCは6~7割くらいでしょうか?

海軍では当然水辺でのオペレーションが増えるので、
水辺で動くこと、水に濡れる事前提でギアの仕様が決まる事が有ります。
最たる例がswimmer cut plateで、泳ぎの際に腕の動きを阻害しない様、
肩が大きく開く形状になっていますね。

襟も水中での動きを阻害しない為とか、濡れた時の重量増を軽減する為とか、
何かしら海軍の事情に合わせた仕様になっていると考えられます。




トルソーに着目すると見た目は非常に似通っていますが、
NC:100%POLYESTER
AC:96%COTTON 4%LYCRA
と素材が異なっています。

生地の特徴を調べてみると、素材が異なる理由が何となく見えてきます。
POLYESTER:速乾性に優れる。
COTTON:肌触りが良く、吸水性に優れる。

つまり、それぞれが次のようなコンセプトで作られていると想像できます。
AC:地上での着用を想定し、肌から伝わる快適性を向上する事で、
   兵士の負担を減らす様デザインされている。
NC:海上等の水辺での着用を想定し、トルソーが濡れても乾き易くして、
   生地が体に張り付く不快感や、濡れた服による体温低下を極力減らす様、
   デザインされている。

ちなみに似通っているのはblock2に限り、block1はあの悪名高きトルソーです。
ですが、block1も素材自体は同じく100%POLYESTERの様です。
悪名を聞く限り、block1とblock2で色が違うだけという感じもしないのですが、
他の違いは分かりません。。。

block2でも割と生地が薄くて、すぐ破れてきそうな気がするので、
洗濯の際はネットに入れる等、扱いには気を付けているんですが、
早速縫い目の所に穴が開いているのに気づいてしまいました。
穴の解れが進展してしないと良いんだけど。。。


襟と同じくNCとACで大きく異なるのが肘の部分です。

CRYEのcombat clothingはパッドが取り付けられるのが特徴ですが、
ACのcombat elbow pad仕様に対し、NCはfield elbow pad仕様となっています。
膝を付く等、膝の様に頻繁に保護するシーンが無い為、
field elbow padで十分と言う判断に至ったのでしょう。

combat elbow padはオーバースペックと判断されたのか、
G3 combat shirtsでもオミットされた様です。




肩ポケットにも細かな違いが見られます。
ベルクロの色がAOR1とMCに合わせるためにそれぞれ色が異なるのは置いといて。

フラップの固定方法がNCではベルクロ1点+ボタン2点固定、
ACではベルクロ2点固定と異なります。
フラップをボタンで固定する為、内側に小さなフラップが付いています。

泳ぐ際に腕を大きく動かす事で、フラップが開かない様にする為でしょうか?
ポケットの使い勝手についてはACに軍配が上がりそうです。

あっ、ボタンを留めなきゃいいだけの話か。



そんな訳で続きます。


が、その前に。


懺悔のお時間。

9/7のミリトーーーークにて、ヘッドセットはNacre QUIETPROと記述してますが、
配線の向きや表面・形状の特徴等にQUIETPROとするには怪しげな点があり、
見直せば見直すほど、早計だった気がしてなりません。

誤った情報の可能性が有りますのでご注意ください。

改めて調査中なので、分かり次第結果をupしたいと思います。
あなかしこーあなかしこー。


2/26/2015追記
トルソーの記述に誤りが有った為、追記修正しています。
お詫びして訂正します。
お前の眼は節穴か!っていうレベルの誤りでした。。。






同じカテゴリー(Combat clothing / BDU)の記事画像
ACDG
NCハマー pt.2
同じカテゴリー(Combat clothing / BDU)の記事
 ACDG (2015-10-04 23:09)
 NCハマー pt.2 (2014-12-31 17:30)

Posted by フサヲ・F・ふさお  at 00:48 │Comments(0)Combat clothing / BDU

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。